インプラント治療

Implant therapy

インプラント治療

歯を喪失したところに対して、今までは入れ歯にするか、ブリッジにするか、またはそのまま放置するかの方法しかありませんでした。
インプラントも現在の形になってからだいぶ時が経っており、その信頼性も確立されつつあります。
以前あった歯と同じように食事を楽しみたい方へおすすめの治療法です。
またインプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、すべてなくなった場合まで有効です。

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋め、そのインプラントに被せ物を付けて義歯とし、失った歯を取り戻す治療法です。治療期間は個人差がありますが、約4〜6ヶ月です。ブリッジのように治療時に健康な歯を傷めることがなく、入れ歯よりもしっかり噛めるインプラントは、失った歯を取り戻したい方にもっともおすすめできる治療法ですが、他の治療法に比べ費用が高額で外科手術が必要となるため、決断を迷われる方も多くいらっしゃいます。当院では数多くインプラント治療を行ってきた経験があります。安心して治療をお受けください。

メリット・デメリット

メリット

インプラントが顎の骨にしっかり固定するのでまるで自分の歯のような咬み心地が得られます
入れ歯のように硬い物が咬めなかったり、ずれたり、外れたりしないので、飲食や会話を楽しめます
ブリッジ治療のようにまわりの歯を削る必要がありません
入れ歯治療のようにとなりの歯に負担をかけません
定期的なメインテナンスにより長期間使用可能です
歯の本数にかかわらず治療できます

デメリット

インプラントを埋入するための外科手術が必要です
インプラントが安定するまでの期間がかかるので(3ヶ月〜6ヶ月)
全体の治療期間が長めです。
メインテナンスが欠かせません。
自費診療なので費用が全額自己負担になり比較的高価です。
メインテナンスを怠ると歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こしインプラントが使用できなくなります。

流れ

診査

レントゲン、3D-CTを撮影し、骨質や量、十分なスペースがあるかを確認します。

 

 

 

 

 

 

 

インプラント埋入

問題なければ顎の骨にインプラントを埋めていきます。

 

 

 

 

 

二次手術

インプラントと顎の骨が結合するまでに3-6か月待ちます。 問題なければ土台が入り、上物が入って終了です。

 

 

 

価格の目安

治療名称 インプラント治療
治療費用 320,000円(税別)(一本あたり)
治療期間 半年 (右下の抜歯から数えて)
治療内容 患者症状:右下がぐらついてうまく食事ができない
治療方法:抜歯し、3ヶ月後にCTの撮影を行い、
インプラントが入る骨の厚さ向きを計測。
麻酔下にてインプラント植立。
2ヶ月待ち、型を取って歯を製作、装着。(スクリュー固定)
治療結果:しっかりした歯が入り、食事が楽しくなった。
治療の注意点  上記、メリット、デメリットを参照ください。

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要が あります。また、治療期間は長く、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。 治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを 埋め込むことができないためです。 骨が足りない場合は、骨移植手術を受ける必要があります。 治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないこと で、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはない ため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。 炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け 落ちてしまうことがあります。 インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナ ンスが必要です。

シェアする
福岡市東区の歯医者さん「なかとみ歯科医院」
タイトルとURLをコピーしました
予約する