入れ歯

Denture

入れ歯

当院では入れ歯にも力を入れております。満足のいく入れ歯を作成できるよう努めます。
ノンクラスプデンチャー、インプラントオーバーデンチャーなど様々な義歯に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

メリット・デメリット

メリット

保険診療の入れ歯を選択すると費用が比較的安価です
インプラント治療とくらべると自費診療の入れ歯でも比較的安価です
インプラント治療より治療期間が短くて済みます
ブリッジ治療のように健康な歯を大きく削る必要がありません

 

デメリット

インプラント治療やブリッジ治療にくらべて咬み心地に劣ります
バネがかかるため見た目が不自然になりがちです
咀嚼(そしゃく)や会話中にずれたり外れたりすることがあります
ほとんどの場合、一定期間ごとに調整・修復が必要で、数年ごとにつくり替えなければなりません
咬む力が伝わりにくいので顎の骨が痩せてしまうことがあります

 

ノンクラスプデンチャー

金具を使用しないので目立ちません。軽くてやわらかいためフィット感も高い部分入れ歯です。ものづまりもほとんどありません。

「つよさ」「しなやかさ」「美しさ」を併せ持ち、美しい歯を取り戻すことのできる入れ歯です。
歯を削らず装着で済むため、インプラントなどの外科治療に抵抗のある方や、外科治療が難しい症例の方にオススメです。
入れ歯の留め金が目立って、恥ずかしくて笑えないという方など入れ歯を気にせず自然と笑顔になれます。
外科治療に抵抗がある方や、今までの入れ歯に不満を抱えておられる方など、お気軽にご相談ください。(料金の目安13万円〜)

インプラントオーバーデンチャー

歯が全く無い場合や、失った本数が多い場合、多数のインプラントを使用して固定性のブリッジ行う場合もありますが、少数のインプラントを使用しての義歯(入れ歯)を作る事もできます。

オーバーデンチャーの利点

入れ歯を支える力が大きくなる>噛む力が大きくなり、なんでもよく噛めるようになる。

粘膜の負担を軽減できる>歯槽骨の吸収をおさえて、長期に渡り入れ歯が安定する。 総入れ歯の構造なので治療計画がシンプルで見た目もダイナミックに治せる。 ⇒治療期間の短縮や治療の確実性が上がる。審美的な回復が容易にできる。 構造がシンプルで修理がしやすい。 ⇒入れ歯を支えている歯にトラブルがでても入れ歯の修理が容易。 入れ歯が取り外しができるので、残存歯へのハブラシがしやすい。 ⇒予後に不安がある歯も保存して治療ができる。

オーバーデンチャーの欠点

入れ歯を支える力が大きくなり、噛む力が大きくなる。
⇒入れ歯が割れやすくなったり、人工歯が消耗しやすい。対応策としてメタルフレームで入れ歯を補強をしたり、入れ歯の厚みをとるような、大きな噛み合う力に対しての工夫が必要。

粘膜の負担が軽減
⇒入れ歯を支える歯やインプラントに負担がかかるので、その負担のバランスをとるような設計・デザインに工夫が必要。バランスの悪い設計・デザインは入れ歯の動揺や破折につながる。

総入れ歯の構造。
⇒入れ歯である違和感はある。清掃の際は入れ歯を外す必要がある。

現存歯やインプラントが入れ歯の下にくる。
⇒虫歯のリスクは上がります。毎日の清掃と歯科医院にて定期検診が大切。

金属床義歯

入れ歯の床にチタンなど金属を使用する総入れ歯です。強度があるため薄くでき、レジン床に比べて非常に軽くて違和感が少なく、飲食物の温度が伝わりやすい特徴があります。(料金の目安23万〜

価格の目安

ノンクラスプデンチャー 13万円〜

インプラントオーバーデンチャー 応相談(インプラントの本数により異なります。)

シェアする
福岡市東区の歯医者さん「なかとみ歯科医院」
タイトルとURLをコピーしました
予約する