学校の検診で歯並びを指摘されたのですが・・・

 

ほとんどの学校で

5月、6月に歯科検診が行われます。

虫歯がないか

清潔に保てているか

発育具合に問題はないか

少しの時間ではありますが確認しています。

その中で

歯並びに関してチェックが入り

歯医者さんで矯正治療の話をされ

高額だなぁ

どうしようかな

と鬱々とされたお母さんも多いと思います。

 

本日は福岡市東区箱崎のなかとみ歯科医院での

矯正治療の考えをお伝えします。

 

結論から話しますと

何かしらの

不正な噛み合わせがあった場合は

必ず矯正した方が良いです。

 

これは長く治療をしてきて思うことですが

歯並びが綺麗だと

噛む力もおよそ左右で

均等に負担できるため

問題が起きにくいです。

また

並びが綺麗だと

歯ブラシも当てやすくて

お掃除もしやすいです。

 

一方で

歯並びが悪く

過度に力がかかっている歯や

スペースの関係で

うまく並んでいない歯は

他の歯に比べて

虫歯になるリスクや

歯周病の進行するスピードが高まります。

そういったところは

治療の回数が増えます。

歯も無限に削れるわけではありません。

削って機能の回復ができなければ

抜歯です。

 

歯周病だと

治療の回数というよりは

支えている顎の骨(歯槽骨と言います)が

破壊されるスピードが速くなり

支えがなくなると

歯が揺れてきて

やがて抜歯になります。

つまり

治療の介入が多いほど歯を失うリスクは増えます

 

将来的なリスクを減らすために

矯正治療の提案があり

治療を受けることで

歯の寿命が変わってきます。

もちろん

見た目の部分も変わり

メリットは歯の寿命だけではありませんが

今回は将来的な虫歯や歯周病の

リスクの観点からお話ししました。

 

リスクばかりを話して

散々怖がらせました。

ですが

皆さんが必ず

矯正治療を受けるわけではありません。

上記のようにならないためにできることは

歯医者さんで

歯科衛生士より

清掃指導を受け

食生活の部分をうまくコントロールし

小さい時から正しい歯磨きを練習し

継続して上達していくことが

皆さんにできる

リスクを減らす最大の武器です。

ぜひかかりつけを見つけて

衛生士さんから指導を受けてください!

タイトルとURLをコピーしました
予約する